当院について

治療理念・歴史

治療理念

感謝・誠実・温和・自制・初心

歴史

大正14年(1925年) 初代院長前田喜代松が治療院を開設(大阪市中央区東平野3-3)
昭和20年(1945年) 3月アメリカ軍の空爆により全焼
大阪市北河内郡住道町に移転 再出発
昭和34年(1959年) 前田昌司 香港中国鍼灸医学院に留学
昭和35年(1960年) 前田昌司 香港中医学院の教員拝命
昭和36年(1961年) 前田昌司 先代より院長継承
昭和43年(1968年) 新診療室完成(大東市三住町16-16 病床6床)
昭和44年(1969年) 診察室より出火 全焼 即時再建
前田昌司が香港「アールTV」に出演(富子夫人と子供たちも共演)
昭和45年(1970年) 前田昌司 アメリカ留学(パーマ大学医学部)
中国鍼灸学会 会長 呉恵平博士来訪
前田昌司と大阪医科大 兵頭教授と共同で「鍼麻痺診療」を実演
「朝日TV報道ニュース」で紹介される
昭和47年(1972年) 第2次中国鍼灸学会(台湾)に招待講演 中華テレビへ出演
NHKテレビ「お母さんの勉強室」に大阪教育大学 小寺教授と共演
その後、NHKに合計3回出演
昭和48年(1973年) 分院 堂島鍼灸院を開設(大阪市北区堂島2-3-1)
昭和49年(1974年) NHKテレビ「おはようジャーナル」踏小特集で町永俊雄アナウンサーと共演
昭和50年(1975年) NHKテレビ「お母さんの勉強室」に大阪教育大学 小寺教授と再度共演
昭和52年(1977年) 本院を新築移転(大東市曙町2-8)
同時に付属 前田漢方薬品店を開設
昭和53年(1978年) 第3次世界鍼灸大会(ソウル)イガク研究発表会『最優秀論文賞』を受賞
読売テレビ『イレブンPM』『2時のワイドショー』『奥様便利帳』など27回出演
全国のラジオ・テレビに数多く出演し”中国ハリ”のブームの火付け役となる
昭和54年(1979年) 個人事業を組織変更”法人”とする
(有)前田鍼灸接骨院
(有)堂島鍼灸接骨院 以上を法人として設立
同時に本部機構として前田中国医学研究院を発足
分院 堂島接骨院 開設(大阪市北区堂島2-22)
分院 銀座針灸院 開設(東京都中央区銀座1-5-2)
昭和55年(1980年) 第1回 中国医療受診団を結成訪中
上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医学院などで受診
上海中医学(現・上海中医学大学)と友好条約締結
昭和56年(1981年) 第2回 中国医学受診団を結成訪中
「読売新聞」「産経新聞」に報道され反響を呼ぶ
昭和57年(1982年) 前田昌司著書「万病回春百科」主婦の友社より出版
第3回 中国医学受診団を結成訪中
昭和59年(1984年) 分院 神戸・三宮鍼灸院を開設(神戸市中央区旭通り5-15-2)
西武百貨店(池袋本店)大中国展に参加 診療室開設 好評博す
分院 堺東針灸接骨院を開設(堺市三国ヶ丘町2-1-44)
昭和60年(1985年) 第4回 中国医療受診団を結成訪中
第1回 永年勤読者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣(1ヵ月間)
前田中国医学研究院 本部及び本院ビル(6階建)完成し移転
同時に前田漢方薬局を開設(大東市曙町2-8)
中国遼寧省 遼寧省中医学院と姉妹提携(8名医師団来日)
昭和61年(1986年) 中国よりの招待により前田昌司訪中(登貴子先生同伴27日間随行)
蘇州中医医院他5ヶ所訪問 同医院と有効条約締結
前田昌司著書「奇跡のツボがみつかった」徳間書店より出版
前田昌司著書「最新中国ハリ灸療法」創芸社より出版
神戸・三宮針灸医院を堂島針灸医院に統合
昭和62年(1987年) 高島屋百貨店大中国展に参加 診療室開設 好評博す
西武百貨店中国展に参加 診療室開設 好評博す
分院 堺東針灸接骨院を移転 ”道頓堀分院” として改称(大阪市中央区道頓堀1-10-1)
昭和63年(1988年) 高島屋中国展に再度参加 好評博す
テレビ大阪 当院取材 1時間の特別番組として放映
従業員寮を購入 患者宿泊センター”本館”が完成(大阪東市三佳町16-15)
第2回 永年勤読者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣(2週間)
前田昌司著書「最新ツボ療法」創芸社より出版
平成元年(1989年) 第3回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣(2週間)
第4回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣(2週間)
第5回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
平成2年(1990年) 世界鍼灸学会(パリ)で意見発表
前田昌司著書 「職場でおこる病気発見法」日刊工業新聞社より出版
第6回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
平成3年(1991年) 中国鍼灸学院(北京)で「新脳針」を発表 世界に反響を呼ぶ
第7回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
平成4年(1992年) 上海中医学院 医師団来日医学交流
前田為康・京子夫人と結婚
ネパール・カトマンズ国際医学会研究発表
国際鍼灸学会(ニューヨーク)で研究発表
「ストレス症候群の新脳針」を発表し世界の医学者の絶賛を得る
平成5年(1993年) 第8回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
前田昌司著書『脳血管障害からの生還」鷹書房弓プレスより出版
第9回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
平成6年(1994年) (有)前田メディカルインターナショナル法人設立
中国蘇州市 中国医学病院 医師団来日医学交流
前田昌司・前田為康 共著『老年性痴呆症からの生還」現代書林より出版
平成7年(1995年) 第10回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
前田為康 米国オレゴン州大学アスレチックトレーナー科留学
同大学「救命救急CPR資格」を取得
平成8年(1996年) ニューヨーク大学と覚書の調印式を行う
前田昌司・前田為康 共著「東洋医学全書」現代書林より出版
大相撲 明日山部屋・式秀部屋と大阪場所メディカルサポート契約
第11回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
前田昌司・前田為康 共著「お母さんのための小児科東洋医学」現代書林より出版
三洋電機バトミントン部とメディカルトレーナー契約
全日本鍼灸学会 学術大会(京都)で研究発表「脳血管障害における針治療の報告」
「東洋医学名医103人徹底紹介」の実業にポン出版で紹介される
平成9年(1997年) 第12回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
大阪桐蔭高校とメディカルトレーナー契約
平成10年(1998年) 第16回 日本東方医学会(日本大学医学部)で医学研究発表
前田為康 全日本スキー連盟公認指導員取得
近鉄ライナーズとメディカルトレーナー契約 花園ラグビー場内にトリートメント室設置
平成11年(1999年) 第18回 全日本鍼灸学会
近畿学術集会(大阪医科大学)で研究発表
前田昌司 と 前田為康  中国国立北京中医研究所・北京骨傷科医大・西安及び
上海中医学院・蘇州中医医院などの研究医学交流の為に訪中
日本東方医学会「難聴と耳鳴りに対する音色の分類とその治療法」で研究発表
前田為康が米国ポートランド州立大学を訪問、スポーツトレーナー科留学
第17回 日本東方医学会(昭和大学上條講堂)で研究発表
平成12年(2000年) 大阪府柔道整復師会 学術大会で研究発表「近畿ラグビー部評価について」
愛・ケア・サービスステーション設立
居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)福祉用具貸与等 介護保険制度導入
日本柔道整復師会近畿ブロック大会
「花園ラグビー場における近畿ラグビー部のリコンディショニングシステムの実際」で研究発表
第13回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
世界移植者スポーツ大会メディカルサポート
リッキー・マーティン ジャパンツワー大阪公演 メディカルサポート(大阪城ホール)
アイアンメイデン ジャパンツワー大阪公演 メディカルサポート(Zepp Osaka)
平成13年(2001年) 前田為康 全日本スキー連盟公認ドクターパトロール認定
日本柔道整復師学会 全国大会
「社会人ラグビーチームのリコンデショニングシステムの実際」で研究発表
スティング ジャパンツワー大阪公演 メディカルサポート(大阪城ホール)
平成14年(2002年) 前田為康 日本スキー学会「大阪市障害者スキー教室での大阪府スキー連盟のとりくみ」で研究発表
日本東方医学会「ひきこもり症候群に対しての針灸治療効果」で研究発表
第84回 全国高校野球選手権大会 大阪桐蔭高校甲子園出場に貢献
前田為康著書「コンディショニング(やさしいスチューデンドトレーナーシリーズ)」嵯峨野書院 出版
ロジャー・ウォーターズ ジャパンツワー大阪公演 メディカルサポート(大阪厚生年金会館)
平成15年(2003年) 前田為康 日本スキー学会「脳血管障害片麻痺スキーヤーの足関節テーピングの必要性」で研究発表
近鉄ライナーズジャパンラグビートップリーグ入りに貢献
JATAC活動報告会「大相撲におけるスポーツトレーナーの役割」で研究発表
前田為康 全日本鍼灸学会「発達障害児に対する針灸治療の効果」で研究発表
大阪帝拳ジム辰吉丈一郎選手世界前哨戦ノンタイトルマッチにメディカルサポート
第14回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
平成16年(2004年) 痩身医学・堂島針灸接骨院内「ブレイン・耳つぼダイエットセンター」増設
第15回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
加圧・筋力トレーニング総括指導者認定 本院に加圧・筋力トレーニングルームをオープン
第76回 春の選抜高校野球大会 大阪桐蔭高校出場に貢献
前田昌司著書「最強・即効!一点ツボ療法 日本語版」主婦の友社より出版
日本柔道整復師会 近畿ブロック学術大会「OA膝関節症に対する徒手療法」発表
平成17年(2005年) 前田昌司古希祝い
第16回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
大阪府柔道整復師会代議員、北河内ブロック副会長、大東地区会長に前田為康就任
前田昌司院長、会長に 為康副院長。院長へ就任
第87回 全国高校野球選手権大会 大阪桐蔭高校甲子園出場に貢献
平成18年(2006年) 第17回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
第1回 Kansai Dance Art・堀越美和バレースタジオ公演メディカルサポート(梅田芸術劇場)
ボンジョビ HAVE A NICE DAY TOUR 2006 大阪公演 メディカルサポート(京セラドーム大阪)
第88回 全国高校野球選手権大会 大阪桐蔭高校甲子園出場に貢献
前田昌司著書「即効一点ツボ治療 中国語版」主婦の友社より出版
前田為康 (財)日本体育協会公認スキー上級指導員習得
平成19年(2007年) 「体の痛み解消!(神の手)を持つ15人」現代書林で紹介される。
第79回 春の選抜高校野球大会 大阪桐蔭高校出場に貢献
第2回 Kansai Dance Art・堀越美和バレースタジオ公演メディカルサポート(梅田芸術劇場)
本院にヨガスタジオをオープン
大阪府警ラグビー部とメディカルトレーナー契約
前田為康 大阪大学医学部第二解剖・神経機能形態学研究生に合格
ビヨンセ ジャパンツワー大阪公演 メディカルサポート(大阪城ホール)
平成20年(2008年) 第18回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
ボンジョビ LOST HIGIWAY JAPAN TOUR 大阪公演 メディカルサポート(京セラドーム大阪)
ビョーク ジャパンツワー大阪公演 メディカルサポート(大阪城ホール)
今井翼「World’s Wing 翼 Premium 2008」・関西ジャニーズ 松竹座公演サポート
前田為康 ジャパンアスレチックトレーナーズ協会(JATAC)全国活動報告会 ラグビー競技で発表
大相撲 片男波部屋 大阪場所メディカルサポート契約
第90回 全国高校野球選手権大会 大阪桐蔭高校甲子園出場に貢献
平成21年(2009年) 第19回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
関西テレビ「冒険チュートリアル」に堂島針灸接骨院出演
前田為康 第58回全国鍼灸学会で研究発表「円形脱毛症モデルマウスに対する鍼通電刺激の影響
前田昌司著書「驚異の新脳針」現代書林より出版
平成22年(2010年) 創立65周年を迎えた本院をリニューアルオープン
前田為康 「広州2010アジアパラリンピック競技大会」日本代表トレーナーとして参加
第20回 永年勤続者 上海中医学院(現・上海中医学大学)・蘇州中医医院へ研修派遣
平成24年(2012年) 前田為康「第21回日本障害者スポーツ学会」
    「日本身体障害者陸上競技選手権大会におけるトレーナー帯同報告」
前田為康「ロンドン2012パラリンピック」陸上
    日本代表チーム帯同トレーナーとして参加
平成25年(2013年) 児童発達支援・放課後等デイサービス「トゥモローランド」設立 開園
前田為康「アジアユースパラリンピックinマレーシア」
    日本代表チーム帯同トレーナーとして参加
前田為康「鍼電気刺激(EA)は難聴治療に有効であるか否かについて」論文認定
前田為康 第22回日本障害者スポーツ学会
    「ロンドン2012パラリンピック競技大会陸上競技におけるトレーナー活動報告」
平成26年(2014年) 第63回 全日本針灸学会「聴力維持における鍼電気刺激(EA)の作用機序の解明」発表
平成27年(2015年) 前田針灸接骨院 創立90周年記念式典をとり行う
前田為康 『障がいを持つ子のための「リセプター療法」』を出版
『90年の歴史が生んだ「新脳針」の足跡』出版
平成28年(2016年) 前田為康「リオパラリンピック」帯同
平成30年(2018年) 会長前田昌司逝去

選ばれる3つの理由

選ばれる3つの理由
患者様と二人三脚で治療を行い、当院独自の治療法で難病の解決に近づけます。2011年10月より設備も新たにサポート力もアップしております。
詳しく見る

ご挨拶、院長経歴・スタッフ紹介

ご挨拶、院長経歴・スタッフ紹介
2012年ロンドンパラリンピック陸上日本代表トレーナーとして帯同等、鍼灸の第一人者、前田為康とスタッフのご紹介。
詳しく見る

診察時間・アクセス・院内マップ

診察時間・アクセス・院内マップ
前田針灸接骨院の診療時間・アクセス院内写真をご紹介します。
詳しく見る

宿泊について

宿泊について
遠方からの患者様用に宿泊施設を設けております。
宿泊しながら集中的に治療を行う事も可能です。
詳しく見る
TEL.072-873-7171
  • 治療の流れ
  • 難病への取り組み
  • 患者様の声

当院について

map

無料駐車場8台完備

前田針灸接骨院
〒574-0076 大阪府大東市曙町2-8
TEL.072-873-7171

受付時間
9:00~12:30
15:30~19:30 × × ×

予約優先性 △…8:30~13:00
(日曜:8:30~12:00)

※日曜は不定期のため、
日曜診療のお知らせをご覧ください。
[休診日]水曜・土曜の午後、日曜・祝日

  • スタッフ紹介
  • WEB割引チケット
  • 料金について
  • 東京銀座針灸院
  • トゥモローランド
  • 堂島針灸接骨院

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)・多系統萎縮症(MSA)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 京子の部屋へようこそ

動画で見る前田針灸接骨院

  • 前田中国医学研究所
  • スタッフブログ
  • メディア掲載情報
  • facebook
  • News MAEDA
  • KAATSU
  • 当院はAED設置医院です
pagetop