治療について

パーキンソン病(PD)

新脳針は「手のふるえ」に大きな効果を発揮します。

90年の歴史と治療カルテが証明する治療ノウハウの蓄積が
当院にはあります。

前田針灸接骨院には、パーキンソン病に苦しむ患者さんがたくさんやってきます。そのため当院には治療のノウハウが集積されています。これは患者さんにも治療する側にも大きなメリットです。がん手術では手術数の多さが、がん専門医院の信用に繋がりますが、パーキンソン病治療にもそれは言えるのです。
『パーキンソン病』でお困りのあなた!
私どもと共に『パーキンソン病』に立ち向かいましょう!

治療風景

パーキンソン病の治療も、「新脳針」はとても得意としており、
手足のふるえを止めることに大きな効果を発揮します!

「新脳針」治療をはじめ、通常の鍼から動作改善法、リセプター療法などを組み合わせることで好結果に導きます。

パーキンソン病の概要

パーキンソン病は、手足のふるえをはじめとする全身の運動障害を起こす病気です。

大脳には運動機能に重要な役割をもつ大脳基底核という領域があります。この大脳基底核の機能を調節するのが、中脳の黒質です。黒質の神経細胞は、運動や動作の情報を伝えるときに、神経細胞と神経細胞の間で神経伝達物質ドーパミンを放出します。パーキンソン病は、ドーパミンを放出する黒質の神経細胞が死滅するため、運動動作がうまくできなくなり、いろいろな障害が起こってくるのです。

この病気は中高年に多発し、10万人中200人が発症しているといわれています。長期にわたってゆっくり進行していき、根本的な治療法もいまのところ見つかっていないことから、重症の場合は、特定疾患として難病に指定されています。

パーキンソン病の症状

 『症状は、まず右手または左手がふるえます。そのふるえはもう片方の手にもあらわれ、右足または左足にも広がります。やがて一定リズムの正しい震えが続き、顔の表情もなくなってきます。また、声が小さくなり発語が不明瞭になってきます。そして、動作も緩慢になり、前かがみの姿勢になって、歩行が不安定になります。とくに歩行は、踏み出しが困難になります。さらに症状が進行すると、日常生活に介助が必要になり、自力での歩行が出来なくなります。

一般的なパーキンソン病の治療法

 治療法としては、ドーパミンの不足を補うために、抗パーキンソン病薬の投与が基本です。ただし、薬物治療を長く続けると、色々な副作用が出ることもあるため注意を要します。外科治療では、大脳の運動に関与する領域を、微弱電極によって刺激する手術を行うことがあります(DBS:脳深部刺激療法)。また、神経細胞を用いて、黒質の神経細胞を再生する研究も進められています。

パーキンソン病は、症状の進行が比較的ゆるやかであるので、日常生活にあまり影響がない軽症のうちは、できるだけ社会生活を続けたほうがいいとされています。直接生命をおびやかす病気でもありませんが、症状の進行にともなって入院が必要になったり、合併症を起こすと命の危険に関わってきます。

「新脳針」治療では、進行、悪化して寝たきりになるのを防ぎ、
社会復帰するまでに回復されているたくさんの患者さんがいます。

 パーキンソン病の治療も、「新脳針」はとても得意としています。治療はまず、手足のふるえを止めることに大きな効果を発揮します。進行、悪化して寝たきりになるのを防ぎ、たくさんの患者さんが進行を抑えられ、元気に過ごされています。

パーキンソン病を引き起こしているドーパミンを正常に放出させるためには、大元の黒質の神経細胞を修復させなくてはなりません。

「新脳針」療法では、黒質の神経細胞に対応するエリアに微弱電流を注入します。核点がアンテナだとすると、そこに電流を送りこんで運動に関わるチャネルにスイッチを入れるわけです。これを行うと、反応の早い人は数回の通院で震えは減少します。

パーキンソン病の治療には、リセプター療法を併用することで、歩行や言語などの機能の回復の速度も上がります。また、加圧リハビリを併用して成長ホルモンを分泌させ、弱っている筋力を向上させるように施術しています。これによって、歩行困難などの症状が改善され、歩く力がついてくるのです。

通院当初は周囲の人に支えてもらい、足元見ながら半歩ずつでしたが、現在はすごく改善し、無理なく歩けています。

▲クリックすると拡大します

患者様の声

パーキンソン病の改善例

治療をはじめて半年で、軽い農作業ができるようになりました。

 農業に従事する田島昌子さん(仮名・60歳)も、「新脳針」の治療とリハビリに励み、きわめて順調に症状が消失していきました。
田島さんは、元気な働き者の主婦でした。7年前から手のふるえが出てきましたが、力仕事をしているからだろうとあまり気にされていませんでした。しかし、徐々に手足の動きがぎこちなくなって、手足が前に出しにくい感じがしてきたといいます。そのうち、だんだん動作もにぶくなり、言葉が発しにくくなってきたということです。

 さすがにこれはおかしいと感じ、ご主人や同居している長男夫婦の強い勧めもあって、近隣の総合病院を受診したころパーキンソン病と診断されました。その病院と前田針灸接骨院は、以前より研究交流をしていたため、その病院の医師の紹介で田島さんは、当院へ来られました。
・治療5回目:手のふるえが2割ほど減ってきました。
・治療11回目:字を書く以外、手のふるえは気にならなくなってきました。
※リハビリも熱心に取り組んでいただきました。
・治療23回目:下肢のむくみがとれて歩き出しも安定してきました。
4ヶ月後にはほとんどの症状が軽減して、紹介してくれた医師もビックリされてました。
治療をはじめて半年が過ぎるころには、軽い農作業ができるようになりました。

パーキンソン病の新着症例一覧

パーキンソン病

姿勢が良くなり、歩きやすくなりました! パーキンソン病 大阪府 M・Kさん 男性 50代

2年位前から体が動かしにくいと感じ始めたそうです。 具体的な症状としては、 ・右…

続きを読む
パーキンソン病

パーキンソン病

「治療後、立っていられるようになりました」 (パーキンソン病)群馬県 Oさん 70代

    パーキンソン病の治療のため、群馬県太田市からお越しのOさん、7…

続きを読む

多様な治療方法

  • ①伝統的経路とツボによる従来のハリと灸
  • 新脳針、新穴、奇穴
  • ③ストレッチ
  • ④指圧
  • ⑤呼吸法
  • ⑥物理療法(低周波療法・温熱療法)
  • ⑦食事指導
  • ⑧生活リズム指導
  • ⑨語りかけ
  • ⑩副交換神経を優位にする方法の指導
  • ⑪加圧トレーニング(成長ホルモン産生促進)
  • ⑫ストレッチ
  • リセプター療法(感覚統合療法)
    ※視覚・聴覚・臭覚・味覚と皮膚感覚の5感覚のネットワークを正常にする治療法。
  • 接骨科治療
  • 動作改善法

数多くの治療経験から割り出されたノウハウを駆使し、
これらの治療を必要に応じて組み合わせて併用します。

私が推薦します。

上海中医薬大学元副学長  趙偉康 教授

1949年に新中国が誕生してすぐ、日本人として初めて北京・上海を訪問され、前田昌司博士が上海中医学院と日中友好医学交流条約も結びました。前田博士は中国人が最も誇りとする中医薬針灸・推拿の分野で深く研究し、世界各地で新しい治療法を発表して大反響を巻き起こしました。最近の15年間は神経系疾患に注目し、頭に超微弱電流0.7mmAを流され、近代医学でさえ見放された「脳血管障害」に希望の光を与えられた事に、中国伝統医学者の私も心から尊敬しています。

病院からの紹介状

診療情報提供書 27年〇月〇日
前田針灸接骨院 院長 前田為康御侍史

医療法人〇〇会 〇〇クリニック病院
担当医 〇藤〇〇

下記患者様について御高診宜しくお願いいたします。
〇野 〇子
生年月日 1964年〇月〇日  50歳

◇紹介目的  パーキンソン症候群(神経内科にて治療中)
◇既往歴  薬剤アレルギー  乳がん
◇症状治療経過及び検査結果

お世話になっております。
乳がん、肝転移にてゼローダにて泰攻を得ております。
長期にわたり内服したためか、別の原因なのかわかりませんが、パーキンソン症候群にて治療中(◯◯大学病院、〇〇医院)です。

今回は貴院での治療を希望しております。
ご多用中申し訳ありませんが、御高診、御加療の程宜しくお願いいたします。

書籍の紹介

  • 『90年の歴史が生んだ「新脳針」の足跡』『90年の歴史が生んだ
    「新脳針」の足跡』
  • 『障がいを持つ子のための「リセプター療法」』『障がいを持つ子のための
    「リセプター療法」』
  • おかあさんのための小児科東洋医学―奇跡のツボがみつかった!おかあさんのための小児科東洋医学―奇跡のツボがみつかった!
  • 「家庭でできる「筋穴」療法 東洋医学全書」「家庭でできる「筋穴」療法 東洋医学全書」
難病への取り組み [ 症状一覧 ]
パーキンソン病(PD) / 脳室周囲白質軟化症(PVL) / 脊髄小脳変性症(SCD)・多系統萎縮症(MSA) / ジストニア
TEL.072-873-7171
  • 治療の流れ
  • 難病への取り組み
  • 患者様の声

当院について

map

無料駐車場8台完備

前田針灸接骨院
〒574-0076 大阪府大東市曙町2-8
TEL.072-873-7171

受付時間
9:00~12:30
15:30~19:30 × × ×

予約優先性 △…8:30~13:00
(日曜:8:30~12:00)

※日曜は不定期のため、
日曜診療のお知らせをご覧ください。
[休診日]水曜・土曜の午後、日曜・祝日

  • スタッフ紹介
  • WEB割引チケット
  • 料金について
  • 東京銀座針灸院
  • トゥモローランド

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 会長コラム 「60年の治療日記」
  • 京子の部屋へようこそ

動画で見る前田針灸接骨院

  • 前田中国医学研究所
  • スタッフブログ
  • メディア掲載情報
  • facebook
  • News MAEDA
  • KAATSU
  • 当院はAED設置医院です
  • 鍼灸師・柔道整復師募集
pagetop