ジストニア

  • HOME > 
  • ジストニア

ジストニア

「100%良くなった!」「ボトックス注射より、針灸治療が効いた」との喜びの声も!

医師の治療を受けながら「新脳針」治療を併用されている
『ジストニア』の患者さんが少なくありません。

 『ジストニア』は筋肉の異常な緊張により、手や足や顔面が痙攣しさらにひどい時には体がねじれるものです。局所タイプと全身タイプがありますが、代表的なのは首がねじ曲がる「痙性斜頚」と、字を書こうとするときに起こる「書痙」でこれらは生活上大きな障害となります。
ジストニアは命にかかわる病気ではありませんが、人により長期化し、体のあちこちのしびれやマヒが広がっていく事があります。
私たちのところには、病院の治療と並行して、「新脳針」治療も受けに来られるジストニアの患者さんがたくさんいらっしゃいます。
『ジストニア』でお悩みのあなた!
私どもと共に『ジストニア』に立ち向かっていきましょう!

「新脳針」で、筋肉や関節の機能を阻害している核点を通電し
刺激すると、数ヶ月で全治するケースも数多くあります。

ジストニアは治療方法が確立されていない難治性疾患ですが、
個人差はありますが、鍼治療での改善が認められています。

ジストニアの種類

特発性捻転ジストニア

原因不明のジストニアで、6〜12歳で発症し、筋肉に異常な収縮がゆっくりと起きて、体がねじれたり回転したりします。

持続性の書痙(しょけい)

字を書こうとする時、または字を書いている最中に、手が振え(振戦)、または痛み(疼痛)が発生し、字を書くことが困難となる書字障害です。

眼瞼けいれん

まぶたが繰り返し不随意に閉じるジストニアです。当初は片方の眼だけに起こることもありますが、最終的には両方の眼に起こります。眼瞼けいれんは視力を大きく損ないます。

痙性斜頸

首が左右上下のいずれかに傾く、捻じれる、振るえるといった不随意運動を引き起こす局所性ジストニアの一種です。頸部ジストニアとも呼ばれます。

痙性発声障害

喉頭や声帯の筋肉に影響する特発性の局所性ジストニアです。発声を制御する筋肉が障害されて症状が表れます。
体のどこかに本態性振戦が起こります。

遅発性ジストニア

主として抗精神病薬の長期投与中(数か月~数年)に起こり、ドーパミン遮断作用をもつ抗うつ薬、抗めまい薬、制吐薬、胃腸薬、カルシウム拮抗薬によっても起こることがある薬剤性の二次性ジストニアです。

ジストニアの原因と治療例

 ジストニアの原因は、大脳基底核や小脳などのいずれかの領域が障害されて、筋肉や関節の動きに支障をきたしていると考えられています。脳の検査では異常はほとんどみつからず、節電図の所見などにジストニアと診断されます。

治療は、抗コリン剤などの薬物を使いますが、効果が高いとはいえません。痙性斜頚や書痙には、筋肉をマヒさせるボツリヌス毒素の微量注射(ボトックス注射)が有効といわれています。

筋肉や関節の機能を阻害している核点を通電刺激すると、数ヶ月で全治するケースも数多くあります。

なぜ?ジストニアに新脳針がいいのか!

まず、「新脳針」は、細胞の破壊と再生を繰り返します。これはどういうことかと言いますと、鍼(はり)を打つことで一旦組織の破壊が起こります。そうすると、身体はその破壊された部分を修復しようと反応します。つまり、代謝が高まり、神経や組織細胞の自己修復が起きるのです。
ジストニアは不随意神経の症状であり、自分の意志とは関係なく動きます。しかし新たな組織が出来れば、以下のような“ 症状の具体的な改善” により、ジストニアの各症状も軽減されます。

  • (新脳針)運動区、感覚区を中心とした各エリアに刺鍼します。
  • 刺鍼した針に、0.7 ミリアンペアの超微弱電流を注入します。
  • 刺鍼注入した刺激を、脳波が大脳皮質ニューロンの活動電位
    として記録します。
  • 興奮している神経を和らげ、逆にリラックスさせる神経を活発に
    させて、神経バランスを平常化させます。
  • ジストニアの原因となる不随意運動の電位を安定させます。
  • ジストニアによる不随意運動を静止させます。

*❶の新脳針以外にも、頸部の緊張している筋肉部分に刺鍼し、強張った筋肉を緩めていきます。

▲クリックすると拡大します

患者様の声

ジストニアの症例

注射を中止しても、念願の海外旅行に行くことができました。(男性 46歳)

 小野孝司さん(当時46歳・仮名)は、7年前から首が動かしにくくなってきました。定年退職したのちは、旅行を楽しもうと思っていたのに、首の傾き、痛み、けいれんがひどくなってきました。病院を受診し、3ヶ月に1度ボツリヌス注射をしていますが、治ったかと思うと、また痛みやけいれんが起きるという繰り返しでした。

「新脳針」を施すと、4回目で首が楽になってきました。11回目には、痛みや痙攣(けいれん)がほとんどなくなり、首を静止できるようになりました。30回目には、医師と相談のうえ注射を中止し、5ヶ月後、定年はまだですが念願の海外旅行に出発されました。

注射による病院の治療を終了。(女の子 13歳)

 大木愛子ちゃん(当時13歳 仮名)は小学4年のころからジストニアの症状が現れはじめました。最初は斜頚だけが出ていたため本当の病名がわかりませんでした。しかし年を追うごとに顔面痙攣や手足の痺れやマヒという症状が広がってきて、脳の検査や節電図検査によりやっとジストニアと診断されました。西洋医学的治療をつづけてきましたが、一時的にはよくなっても、間もなく再度悪化するということを繰り返したため、新脳針治療を受けられました。

 新脳針治療の効果は顕著で治療4回目で首の痙攣が弱まりはじめました。11回目には痛みと痙攣がほぼ消失し首が思い通りに動かせるようになり、30回目の治療を超えたころには顔面痙攣が改善するとともに、手足の麻痺が消えて日常生活への支障がまったくなくなりました。その状態を見て注射による病院の治療も終了-つまり寛解ということになりました。

ジストニアの新着症例一覧

ジストニア

車の運転がしやすくなりました!(痙性斜頸【ジストニア】)大阪府 H・Fさん 男性 50代

26年前に、激しい肩こりをシビレが出たのがはじまりで、原因は仕事のストレスとのこ…

続きを読む
ジストニア

集中した治療の結果「100%良くなった!」と喜んでいただけました(頚部ジストニア)40代 男性

ジストニアとは、簡単に言うと 脳や神経に何らかの障害によって 不随意(勝手)に動…

続きを読む
ジストニア

ずっと右を向いていましたが、正面を向いているのも楽になり、壁にもたれなくても座っていられるようになりました。

症状が気になりだしてから、整形外科を受診し、レントゲンを撮るも異常なし。 内科で…

続きを読む

多様な治療方法

  • ①伝統的経路とツボによる従来のハリと灸
  • 新脳針、新穴、奇穴
  • ③ストレッチ
  • ④指圧
  • ⑤呼吸法
  • ⑥物理療法(低周波療法・温熱療法)
  • ⑦食事指導
  • ⑧生活リズム指導
  • ⑨語りかけ
  • ⑩副交換神経を優位にする方法の指導
  • ⑪加圧トレーニング(成長ホルモン産生促進)
  • ⑫ストレッチ
  • リセプター療法(感覚統合療法)
    ※視覚・聴覚・臭覚・味覚と皮膚感覚の5感覚のネットワークを正常にする治療法。
  • 接骨科治療
  • 動作改善法

数多くの治療経験から割り出されたノウハウを駆使し、
これらの治療を必要に応じて組み合わせて併用します。

私が推薦します。

上海中医薬大学元副学長  趙偉康 教授

1949年に新中国が誕生してすぐ、日本人として初めて北京・上海を訪問され、前田昌司博士が上海中医学院と日中友好医学交流条約も結びました。前田博士は中国人が最も誇りとする中医薬針灸・推拿の分野で深く研究し、世界各地で新しい治療法を発表して大反響を巻き起こしました。最近の15年間は神経系疾患に注目し、頭に超微弱電流0.7mmAを流され、近代医学でさえ見放された「脳血管障害」に希望の光を与えられた事に、中国伝統医学者の私も心から尊敬しています。

書籍の紹介

  • 『90年の歴史が生んだ「新脳針」の足跡』『90年の歴史が生んだ
    「新脳針」の足跡』
  • 『障がいを持つ子のための「リセプター療法」』『障がいを持つ子のための
    「リセプター療法」』
  • おかあさんのための小児科東洋医学―奇跡のツボがみつかった!おかあさんのための小児科東洋医学―奇跡のツボがみつかった!
  • 「家庭でできる「筋穴」療法 東洋医学全書」「家庭でできる「筋穴」療法 東洋医学全書」
難病への取り組み [ 症状一覧 ]
パーキンソン病(PD) / 脳室周囲白質軟化症(PVL) / 脊髄小脳変性症(SCD)・多系統萎縮症(MSA) / ジストニア
TEL.072-873-7171
  • 治療の流れ
  • 難病への取り組み
  • 患者様の声
  • 鍼灸師・柔道整復師募集
  • トゥモローランド療育スタッフ募集

当院について

map

無料駐車場8台完備

前田針灸接骨院
〒574-0076 大阪府大東市曙町2-8
TEL.072-873-7171

受付時間
9:00~12:30
15:30~19:30 × × ×

予約優先性 △…8:30~13:00
(日曜:8:30~12:00)

※日曜は不定期のため、
日曜診療のお知らせをご覧ください。
[休診日]水曜・土曜の午後、日曜・祝日

  • スタッフ紹介
  • WEB割引チケット
  • 料金について
  • 東京銀座針灸院
  • トゥモローランド
  • 堂島針灸接骨院

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 会長コラム 「60年の治療日記」
  • 京子の部屋へようこそ

動画で見る前田針灸接骨院

  • 前田中国医学研究所
  • スタッフブログ
  • メディア掲載情報
  • facebook
  • News MAEDA
  • KAATSU
  • 当院はAED設置医院です
pagetop