お知らせ

お知らせ

お知らせ

春季カタル

春季カタル

 

私は約10年間日刊工業新聞の “ちょっと診ましょう“ というコーナーのコラムを連載させていただいていました、内容は東洋医学の視点から見た健康情報を発信するものでした。

その中でちょうどこの季節にピッタリな“春季カタル”がありましたので、本文をそのままご紹介いたします。

 

日刊工業新聞 5月16日掲載 『ちょっと診ましょうより抜粋』

 

春から夏にかけて位になると決まって目ヤニ、結膜の充血、まぶしさ、かゆみなどが両方の目に襲ってくるのです。

四年ほど前から、この症状が繰り返しております。とにかく、まぶたの裏にブツブツができ、眼科でも診てもらい「アレルギー性のものでしょう」と言われ点眼薬をもらいましたがその時はほとんど改善がされませんでした。秋から冬にかけては症状もなく気にもなりませんが、この時期が最もうっとうしく気が晴れませんというご質問を受けました。

これは春季カタルといって、春から夏にかけて結膜が充血して目ヤニ、まぶしさ、かゆみが両目に発症するものです。この病気は一種のアレルギー性結膜炎と考えられています。一般的に治療の方法は血管収縮剤やステロイド性の点眼が行われていますが、急激な効果はあまり期待できません。

この病気で厄介なのは、かゆみ、まぶしさで仕事に支障をきたすことです。目のかゆみは集中力を欠き、まぶしさで物の見分けが困難になりもなります。一日も早く症状を改善されて心置きなく仕事をしてもらいたいものです。

治療の際には目の周にある「四白(しはく)」、「瞳子髎(どうしりょう)」、「絲竹空(しちくくう)」などです。これらのツボに鍼灸をすることで早期に症状が改善されます。

 

当院では目がまぶしく感じてしまう緑内障や白内障、メージュ症候群などの患者さんも治療させてもらっています、この季節にまつわる眼科の病気をはじめ、季節の変わり目はいろいろなストレスが有ります。これらの病気は私たちの新脳針でとても改善が見られます、ぜひお気軽に治療にお越しくださいませ。

TEL.072-873-7171
  • 治療の流れ
  • 難病への取り組み
  • 患者様の声

当院について

map

無料駐車場8台完備

前田針灸接骨院
〒574-0076 大阪府大東市曙町2-8
TEL.072-873-7171

受付時間
9:00~12:30
15:30~19:30 × × ×

予約優先性 △…8:30~13:00
(日曜:8:30~12:00)

※日曜は不定期のため、
日曜診療のお知らせをご覧ください。
[休診日]水曜・土曜の午後、日曜・祝日

  • スタッフ紹介
  • WEB割引チケット
  • 料金について
  • 東京銀座針灸院
  • トゥモローランド

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 会長コラム 「60年の治療日記」
  • 京子の部屋へようこそ

動画で見る前田針灸接骨院

  • 前田中国医学研究所
  • スタッフブログ
  • メディア掲載情報
  • facebook
  • News MAEDA
  • KAATSU
  • 当院はAED設置医院です
  • 鍼灸師・柔道整復師募集
pagetop