京子の部屋へようこそ

京子の部屋へようこそ

京子の部屋へようこそ

7.夏の食養生について

連日30度を超える日が続き夏本番となりました。

これだけ暑いと冷たいものばかり飲んでいませんか?

身体を冷やすのに水分も大切ですが、飲みすぎには注意してくださいね。

しかし一般的によく耳にする「水は身体に良いから1日に2リットルは飲みましょう」というのは、一概には言えません。

例えばスポーツマンと、同じ年齢でも終日デスクワークという方では汗の出る量も違いますので、身体に必要な水分も違います。

余分な水分が胃や腸の中に溜まるのが病気の始まりと言われています。

ですので、その人に会った適量を飲むのが良いという事です。

しかし、水分を甘いジュースや清涼飲料水などばかりで採るのは控えましょう。 

そして、この余分な水分を大小便として排出するのに大切なのが〝(シオ)〟なのです。

この場合の(シオ)とは塩田から作られた(シオ)で、海の成分と同じ亜鉛、マンガン、鉄、カルシウム、カリウムなどのミネラルを含んだ(シオ)であることが重要だそうです。

対して、塩化ナトリウムだけの科学的に作られたものは〝塩〟で、身体にも良くないとの事です。

減塩減塩と世の中は誰でも減塩のような風潮ですが、減塩するのは科学的に作られた〝塩〟で、海水から作られた(シオ)は、やはり適量必要なのです。

この夏のお昼ご飯は、是非(シオ)のおむすびとお味噌汁、漬物で〝(シオ)〟を摂ると良いかもしれませんね。 

また、夏野菜には身体を冷やす作用がありますので、旬の野菜を上手に食事でとることをお勧めします。

夏が旬の野菜といえば、きゅうり、なす、トマト、ピーマン、紫蘇、オクラ、枝豆、みょうが、らっきょう、ゴーヤなどがあげられます。こういった旬のものは、たくさんの太陽を浴びて作られていますので、太陽のエネルギーを丸ごと受けて身体に良い事間違いなしです。 

暑い夏を快適に過ごすための秘訣のおさらい・・・

  1. 水分の摂りすぎに注意

  2. (シオ)を適量摂る

  3. 旬の野菜を摂る 

    今年の暑い夏も、元気に乗り切りましょう! 

    ※参考文献・・・「食は薬なり」須藤朝代著

 

TEL.072-873-7171
  • 治療の流れ
  • 難病への取り組み
  • 患者様の声

当院について

map

無料駐車場8台完備

前田針灸接骨院
〒574-0076 大阪府大東市曙町2-8
TEL.072-873-7171

受付時間
9:00~12:30
15:30~19:30 × × ×

予約優先性 △…8:30~13:00
(日曜:8:30~12:00)

※日曜は不定期のため、
日曜診療のお知らせをご覧ください。
[休診日]水曜・土曜の午後、日曜・祝日

  • スタッフ紹介
  • WEB割引チケット
  • 料金について
  • 東京銀座針灸院
  • トゥモローランド
  • 堂島針灸接骨院

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)・多系統萎縮症(MSA)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 京子の部屋へようこそ

動画で見る前田針灸接骨院

  • 前田中国医学研究所
  • スタッフブログ
  • メディア掲載情報
  • facebook
  • News MAEDA
  • KAATSU
  • 当院はAED設置医院です
pagetop