京子の部屋へようこそ

京子の部屋へようこそ

京子の部屋へようこそ

冬の養生について

去年はコラムが1度も書けずに過ぎてしまいました。

今年は季節に合わせた食養生について書いていきたいと思います。

 

暦の上での冬とは、立冬(11月初旬)から立春(2月初旬)までを言います。冬は1年中で1番寒い時期であり、日照時間も短く自然界の陽気が減少する時期です。身体の新陳代謝が悪くなり血行障害、肌荒れ、神経痛、関節痛が起こりやすくなります。

 

そんな冬の時期の養生法は、動植物が活動を停止するように、私達人間は夜は早く寝るように心がけ、朝は必ず日光を待ってから起きると良いとされ、睡眠時間をたっぷりと取るように心がけましょう。また、気を外に逃がさないように内に潜ませて貯めておくことが春の到来に大切になります。

 

食養生では、鹹味(かんみ)=海のしおからい味、黒い食べ物を摂ることが大切と言われています。

鹹味の食材とは、魚介類(牡蠣、あわび、あさり、いか、たこ、カニ、エビ、鮭、ぶり、貝類)、海藻類(わかめ、昆布、ヒジキ、めかぶ、のり、もずく)などがあります。

黒い食べ物では、ひじき、昆布、わかめ、などの海藻類、黒豆、黒ゴマ、黒米、黒きくらげ、黒砂糖などがあります。

 

また調理法としては、コトコトと煮込む、揚げる、オーブン料理など火を通す料理が体を温めます。生もの、体を冷やすものは避けましょう。

昨日は大寒で1年で1番寒い日と言われていますが、今年は例年に比べて暖かな日でしたが、これからしばらくは寒い冬が続きますので皆様ご自愛ください。

 

今年の立春は2月4日ですから、次回は春の養生について書いていきたいと思います。

 

冬の四季薬膳料理(日本四季大学)▼

・りんごと白菜の和え物

・にんじんの塩麹炒め

・かぼちゃと黒豆の煮物

・牡蠣の黒米雑炊

・山芋と海老の和風スコップコロッケ

・黒ゴマ汁粉

 

 

 

 

参考文献 日本四季大学 四季薬膳基礎教本

 

 

 

 

TEL.072-873-7171
  • 施術の流れ
  • 難病への取り組み
  • 患者様の声

当院について

map

無料駐車場8台完備

前田針灸接骨院
〒574-0076 大阪府大東市曙町2-8
TEL.072-873-7171

                                       
受付時間
9:00〜12:00
※1

※2
15:00〜19:00 × × 

予約優先性 ※1 土曜午前 8:30〜12:30
※2 日曜は月2回

日曜診療のお知らせをご覧ください。
[休診日]水曜・土曜の午後、日曜・祝日

  • スタッフ紹介
  • WEB割引チケット
  • 料金について
  • 東京銀座針灸院
  • 東京銀座針灸院症例一覧はこちら
  •        

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)・多系統萎縮症(MSA)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 京子の部屋へようこそ

動画で見る前田針灸接骨院

  • スタッフブログ
  • facebook
  • News MAEDA
  • KAATSU
  • 当院はAED設置医院です
  • きらめキッズ大東
pagetop