症例別施術例

新脳針治療

新脳針治療/脳神経科に関することでお困りの方/多系統萎縮症(MSA)

パーキンソン病【PD】から多系統萎縮症【MSA】と診断変更 78歳

【症状】

・3年前より歩きづらくなり、手の振えがみられた。

 病院で「右脳のドーパミン量が少ない」とパーキンソン病【PD】の診断を受ける。

・腰痛や便秘、左半身の動かしにくさ、表情の乏しさがあった。

・2年前より小便が出にくくなり、

 病院での再検査で多系統萎縮症【MSA】と診断が変わった。

 

【治療期間/治療回数】

5ヶ月/22回

 

【治療内容】

針灸治療(新脳針)

 

【治療経過】

・治療後より腰の痛みが楽になり、よく眠れるようになってきた。

・無表情になっていたのが「表情が豊かになって顔色も良くなってきた」と奥様。

・笑顔も増えて「ホームセンターに行きたいなあ」と前向きな発言が増える。

・電動車イスで自らホームセンターに行って材料を購入し、リハビリに使うための傾斜盤(ストレッチボード)を作成した!との事。

・外出する機会も増えて下肢のむくみも軽減し、会合に出席して1時間程あぐらで過ごせた。

・便秘だったのも少しづつ出やすくなりスッキリ感も感じれるようになった。

・奥様も「以前よりも前向きで行動するようになった」と喜んでおられる。

 

その他の多系統萎縮【MSA】の症例はこちら

 

TEL.072-873-7171
  • 施術の流れ
  • 難病への取り組み
  • 患者様の声

当院について

map

無料駐車場8台完備

前田針灸接骨院
〒574-0076 大阪府大東市曙町2-8
TEL.072-873-7171

                                       
受付時間
9:00〜12:00
※1

※2
15:00〜19:00 × × 

予約優先性 ※1 土曜午前 8:30〜12:30
※2 日曜は月2回

日曜診療のお知らせをご覧ください。
[休診日]水曜・土曜の午後、日曜・祝日

  • スタッフ紹介
  • WEB割引チケット
  • 料金について
  • 東京銀座針灸院
  • 東京銀座針灸院症例一覧はこちら
  •        

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)・多系統萎縮症(MSA)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 京子の部屋へようこそ

動画で見る前田針灸接骨院

  • スタッフブログ
  • facebook
  • News MAEDA
  • KAATSU
  • 当院はAED設置医院です
  • きらめキッズ大東
pagetop