症例別施術例

新脳針治療

新脳針治療/多系統萎縮症(MSA)

多系統萎縮症【MSA】

【症状】

・平成30年11月~12月頃から歩行の違和感を感じるようになった。

・平成31年4月に検査入院をして、多系統萎縮症(MSA)と診断された。

・現在は歩行時のふらつき、呂律が回りづらい、字が書きづらい、便秘気味などの症状がある。

 

【治療期間/治療回数】

約7ヶ月/46回

 

【治療内容】

新脳針

 

【治療経過】

・治療をし始めてから、少しずつ足が軽くなり歩行もしやすくなった。

・治療後は、頭がスッキリする。

・便通も以前よりスムーズになった。

※現在も週一回のペースで通院中。

 

☆患者様の声も書いて頂きましたので、コチラからどうぞ!

 

☆他の多系統萎縮症(MSA)の患者様の声や症例も併せてご覧ください。

→患者様の声はコチラ

→症例はコチラ

TEL.072-873-7171
  • 施術の流れ
  • 難病への取り組み
  • 患者様の声

当院について

map

無料駐車場8台完備

前田針灸接骨院
〒574-0076 大阪府大東市曙町2-8
TEL.072-873-7171

                                       
受付時間
9:00〜12:00
※1

※2
15:00〜19:00 × × 

予約優先性 ※1 土曜午前 8:30〜12:30
※2 日曜は月2回

日曜診療のお知らせをご覧ください。
[休診日]水曜・土曜の午後、日曜・祝日

  • スタッフ紹介
  • WEB割引チケット
  • 料金について
  • 東京銀座針灸院
  • 東京銀座針灸院症例一覧はこちら
  •        

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)・多系統萎縮症(MSA)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 京子の部屋へようこそ

動画で見る前田針灸接骨院

  • スタッフブログ
  • facebook
  • News MAEDA
  • KAATSU
  • 当院はAED設置医院です
  • きらめキッズ大東
pagetop