スタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

あなたの知らない姿勢の秘密④ (全5回)

こんなに弊害があることを知っても、

あなたはまだ、足を組みますか?

この秘密を応用すれば、普段の生活で筋肉の活動量を上げ、カロリー消費を高め、

代謝を手軽にアップすることも可能です。代謝が上がれば、血流改善や免疫力UPにも!

  • 足を組んで座る
  • ” 休め ” の姿勢で立ち続ける
  • 壁にもたれて立つ

このような姿勢が身体に良くない、ということは、皆さんも何となくご存じのことでしょう。

では・・・ これらの姿勢は、なぜ身体に良くないのでしょう? これらの姿勢に共通することとは?

それが COG と COP の一致 です。

COG とは、center of gravity の略語で、身体重心のことです。

身体重心とは、物を1点で支えられるポイント。例えて言うなら、やじろべーがバランスを取って、支えているポイントのことです。

COP とは、center of pressure の略語で、床反力を統合した作用線のことです。

床反力とは、地面に対して私たちが働きかけている力のことです。私たちが地面に立つことが出来るのも、体重と同等の力を地面から反力として受けているからなんです。もし、あなたが底なし沼の上に立ってしまったとしたら、地面からの床反力を受ける事ができず、そのまま沈んでしまいます。

逆に、あなたの体重以上の力で地面を蹴ることが出来るから、重力に逆らってジャンプすることが出来ます。

つまり・・・ COPとは、あなたが地面に圧力をかけるポイントのことです。

そして、”COG と COP の一致” とは、体を支えるポイントの上に、体の重心を乗せ込むことです。

左右片側、どちらかの足に体重をかけて立ったり、歩いたりすること。

左右片側、どちらかのお尻に体重をかけて座ること。

モデルさんのように、1本の線の上を歩くのも、足を組んで座るのも、壁にもたれて立つのも、これに当たります。

COG と COP を一致させると、身体では何が起こるのでしょう?

じつは、このような姿勢を取ると、体幹を支える ” 腹圧 ” が下がってしまいます。

 

ここで、腹圧について少しおさらいをしてみましょう。

腹圧とは、簡単に言うと・・・ ” お腹を膨らませる力 ” のことです。 腹筋ではなく、” 腹圧 ” です。

イメージしてみてください。

お腹に左右1つづつ風船が入っているところを。実は、その風船が膨らんだり、しぼんだりして体幹を支えています。

この風船が膨らむから、体幹が安定します。足をドーンと地面に着いた時の衝撃も吸収してくれますし、上半身の重さも支えてくれます。

この風船が膨らんで腹圧が上がると、体幹が安定します。だから、手足を柔軟に動かすことが出来るんです。

逆にこの風船がしぼんで腹圧が下がると、体幹が不安定になります。そうすると手足の動きについていけず、体を痛めたり、バランスを崩しやすくなります。

このような機能を持つ腹圧は、意識してコントロールすることもできますが、普段は無意識下で働いています。

重要なポイントなのでもう1度いいます。

この腹圧は無意識下で自動的に、勝手に働きます。

人は ” 前にならえ ” の姿勢をパッと取っても、バランスを崩して前に倒れる事はありません。なぜでしょう・・・?

これは前にならえの姿勢をとる直前に、身体が勝手に重心を後方に移動させて、腕の重さで前に転倒することを防ぐからです。このように腹圧がしっかり機能していると、重心をコントロールできるため、体幹をしっかり支えます。

この腹圧が下がってしまうと、背骨が中心となって身体を支える事になります。

今まで、腹圧と背骨で体幹を支えていたのが、腹圧が下がってしまうことで、背骨への負荷が大きくなります。結果、腰を痛めてしまいます。

このような状態で、さらに身体を傾けるような姿勢をとると・・・ さらに負担が大きくなることは、想像に難しくないでしょう。

こういった理由で、足を組んで座るのは、身体に良くないんです。

 

ですが・・・!!

足を組まず、” 休 ”めの姿勢を取らず、壁にもたれないように心掛けていただければ・・・

COGとCOPが一致しない運動を心掛けて頂ければ・・・

腹圧は、高める事が可能です。

腹圧は、横隔膜、腹横筋 (腹筋の一番深層の筋)、骨盤底筋で囲まれた空間で、内側から外側へ向かう力のことです。

腹圧が高まると、このような体幹の筋肉が働き、腰への負担は減ります。

筋肉の活動量も増え、筋活動も増加します。そうするとカロリー消費も上がり、代謝もアップします。

代謝がアップすると、血流の改善も見込まれますし、そうすると疲労の回復を早めたり、免疫力アップにもつながります。

 

もし、あなたが足を組まないで座っているのがツライのであれば・・・

もし、あなたが ” 休め ” の姿勢を取らずに立ち続ける事がツライのであれば・・・

もし、あなたが立っていると、壁にもたれたくなるなら・・・

あなたの姿勢は崩れていることでしょう。腹圧を上げたくても、上がりにくい身体になっていることが予想できます。その場合は、治療が必要になってきます。

性別、年齢、疾患に関わらず、すべての人に共通する法則を基に、理想的な身体に整えていくのが動作改善法です。

今までになかった新しい角度からのアプローチである動作改善法。慢性的な症状でお困りの方は、ぜひ受診ください。

 

前田針灸接骨院

動作改善法 担当 裏戸 雅行

TEL.072-873-7171
  • 施術の流れ
  • 難病への取り組み
  • 患者様の声

当院について

map

無料駐車場8台完備

前田針灸接骨院
〒574-0076 大阪府大東市曙町2-8
TEL.072-873-7171

                                       
受付時間
9:00〜12:00
※1

※2
15:00〜19:00 × × 

予約優先性 ※1 土曜午前 8:30〜12:30
※2 日曜は月2回

日曜診療のお知らせをご覧ください。
[休診日]水曜・土曜の午後、日曜・祝日

  • スタッフ紹介
  • WEB割引チケット
  • 料金について
  • 東京銀座針灸院
  •        

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)・多系統萎縮症(MSA)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 京子の部屋へようこそ

動画で見る前田針灸接骨院

  • スタッフブログ
  • facebook
  • News MAEDA
  • KAATSU
  • 当院はAED設置医院です
  • きらめキッズ大東
  • 会長コラム 生前に会長が残したコラム集
pagetop