スタッフブログ

  • HOME > 
  • スタッフブログ > 
  • つまずかないために『足を上げる』よりも大事なことは!

スタッフブログ

スタッフブログ

つまずかないために『足を上げる』よりも大事なことは!

「足が上がってなくて、よくつまずくんです。」

「この前も・・・ちょっとした段差につまずいて、コケそうに。」

患者さんからよく聞くお悩みの1つです。

年配の患者さんにとって、転倒=骨折につながる可能性があるので、『つまずく』こと1つを取っても切実な問題ですよね。

あなたもヒヤッととしたことありませんか?

ですが、多くの方はこの時点で、すでに『ある間違い』を犯しています。

????

はい、あなたもです。

きっと見当もつかないと思いますが・・・。

 

それは!

つまずく原因を『足が上がっていない』からと思っていることです。

 

多くの方は、つまずかないように『足を上げる』ことを意識されます。

ですが、これが大きな間違いの1つです。

 

なぜなら、足を上げるためには、反対の足をしっかり地面に着けて、反対の足で体を支える必要があるからです。

歩く時は、片方の足で体を支えないと、もう片方の足を上げることはできません。

足を上げた瞬間にフラついていては、足を高く上げることなんてできませんよね。

足を上げた瞬間に、転倒していては本末転倒です。

つまり『足を上げる』ことよりも、『足を地面にしっかり着ける』、『地面に足をしっかり着いて体を支える』ことが大事になってきます。

 

地球には重力があります。

立っていれば、意識しなくても足は重力によって地面に吸い寄せられます。

ですから、普段の生活で『足をしっかり着ける』、『地面をける』、『地面に働きかける』ことを忘れがちになります。

でも、足をしっかり地面に着けることは、体を支えるためにも、体を支える筋力を養うためにも、足の骨を丈夫にするためにも大事になってきます。

ぜひ『足を上げる』ことよりも・・・

『地に足を着けて』みてください。

つまずいて転倒するのを防いで、いつまでも元気に自分の足で歩くためにもね♪

 

前田針灸接骨院:裏戸 雅行

 

追伸:体を支える筋力を養うため、『片足立ち』を頑張る方がいらっしゃいますが、あまり効果的ではないのでご注意を!

これも皆さんがよく犯す間違いの一つです。

『片足立ち』と『歩行』時の体の支え方、体の重心の位置はまったく異なります。

だから、いくら『片足立ち』を頑張ったからと言って、歩行時の安定には繋がりにくいです。

では、どうすればいいの?

やっぱり一番は『歩く』ことです。

足を気持ち強めに「ドン、ドン」としっかり着いて歩いてみてください。

ぜひ、スニーカーでね。

TEL.072-873-7171
  • 施術の流れ
  • 難病への取り組み
  • 患者様の声

当院について

map

無料駐車場8台完備

前田針灸接骨院
〒574-0076 大阪府大東市曙町2-8
TEL.072-873-7171

                                       
受付時間
9:00〜12:00
※1

※2
15:00〜19:00 × × 

予約優先性 ※1 土曜午前 8:30〜12:30
※2 日曜は月2回

日曜診療のお知らせをご覧ください。
[休診日]水曜・土曜の午後、日曜・祝日

  • スタッフ紹介
  • WEB割引チケット
  • 料金について
  • 東京銀座針灸院
  • 東京銀座針灸院症例一覧はこちら
  •        

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)・多系統萎縮症(MSA)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 院長コラム 『ちょっと診ましょう』
  • 京子の部屋へようこそ

動画で見る前田針灸接骨院

  • スタッフブログ
  • facebook
  • 公式LINE
  • News MAEDA
  • 当院はAED設置医院です
  • きらめキッズ大東
pagetop