スタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

夏バテ改善

少しずつ気温も下がり、涼しくなってきました。

涼しくなり、過ごしやすくなったのに身体にだるさや疲れ、食欲不振などの症状は、出ていませんか?

このような、症状をお持ちの方は、夏バテしている可能性が高いです。

 

夏バテのイラスト「倒れるサラリーマン」

 

夏バテの原因は、ご存知の方も多いかもしれませんが

 

温度差からくる自律神経の乱れです。

 

これが、1番多い原因と言われています。

急激な温度差は体力を消耗しやすくなり、ストレスから自律神経がうまく働かなくなります。自律神経の変調が胃腸の不調や全身の倦怠感、さらには食欲不振、睡眠不足を招き体力が低下し、夏バテを引き起こします。

では、夏バテの改善方法を3つ紹介します。

①栄養価の高い食事をとる!

②入浴する!

③こまめな水分補給!

 

①栄養価の高い食事をとる。

バテによって全身の疲労や体力低下、消化機能の低下などを起こした際、食事でしっかりと栄養をとって体力をつけなければ、しっかり睡眠をとったり、入浴や運動で血流や代謝を良くしたりしても、回復できません。

★ポイント★

・量より質

⇒たんぱく質(卵、肉、魚、牛乳など)、ビタミン(野菜や果物)、ミネラル(牛乳や海藻)といった栄養素を意識し「質」を重視のしましょう。

・冷たいものは控える

⇒夏バテによって、弱っている胃腸に、さらに負担をかけることになるので控えてください。

・香辛料を活用

⇒冷房などで、冷えた体を温める効果や、食欲増進作用もあります。なので、夏バテで、食欲不振の方にはおススメです。

 

食事をしている男の子のイラスト

 

②入浴する。

夏場は暑いためシャワーだけで終える方も多いと思います。お風呂に、つかることにより副交感神経が優位になり、体が睡眠の準備を始めます。そして、体の血流も良くなる為、疲労物質を流れやすくします。

★ポイント★

・水温は、やや低めの38度くらい

・10分ほどつかる

 

食事をしている男の子のイラスト

 

③こまめな水分補給。

夏場は、水分とミネラルを多く体から排出されます。ですので、夏バテの方は、水分、ミネラルが足りてない可能性が多いです。そして、水分摂取することで、体内の不要な物質・疲労物質などの排出といったデトックス効果があります。なので、夏バテ中も、水分補給は大切です。

★ポイント★

・常温くらいの水分を補給

・1日で、1.5 ~ 2リットル。

・こまめに取る。

・ミネラルを含むものを組み合わせ、摂取する。

 

水分補給のイラスト

 

夏バテは、すぐに回復するものではないです。回復を早めるためにも、食事や睡眠、水分補給を心がけてください!!!

 

鍼灸師 田村勇貴

TEL.072-873-7171
  • 施術の流れ
  • 難病への取り組み
  • 患者様の声

当院について

map

無料駐車場8台完備

前田針灸接骨院
〒574-0076 大阪府大東市曙町2-8
TEL.072-873-7171

                                       
受付時間
9:00〜12:00
※1

※2
15:00〜19:00 × × 

予約優先性 ※1 土曜午前 8:30〜12:30
※2 日曜は月2回

日曜診療のお知らせをご覧ください。
[休診日]水曜・土曜の午後、日曜・祝日

  • スタッフ紹介
  • WEB割引チケット
  • 料金について
  • 東京銀座針灸院
  • 東京銀座針灸院症例一覧はこちら
  •        

このようなお悩みの方が来院されています

大人の主な対応症状
パーキンソン病(PD)/多系統萎縮症(MSA)/脊髄小脳変性症(SCD)・多系統萎縮症(MSA)/
脊柱管狭窄症/糖尿病/高血圧/
自律神経失調症/肩こり/腰痛/
ぎっくり腰/頭痛/めまい/耳鳴り/
坐骨神経痛/五十肩/腱鞘炎/
眼精疲労/生理痛/更年期症状/
睡眠障害/うつ/不安
子供の主な対応症状
脳室周囲白質軟化症(PVL)/
学習障害(LD)/ADHD/多動症/
発達障害/自閉症/言葉おくれ/
コミュニケーション障害/
小児ぜんそく・アレルギー/
小児てんかん/小児麻痺/自閉症/
チック症(どもり・吃音)/
疳虫(かんむし)/
夜泣き・奇声・かみつき
  • 京子の部屋へようこそ

動画で見る前田針灸接骨院

  • スタッフブログ
  • facebook
  • News MAEDA
  • KAATSU
  • 当院はAED設置医院です
  • きらめキッズ大東
pagetop